男性看護師の年収の違いは「診療科」にあり 診療科別の給与事情

年収の違いは、ズバリ!「診療科」にあった

年収の違いは、ズバリ!「診療科」にあった

診療科別の給与事情

ここでは、診療科別の年収事情(なぜ高い?なぜ低い?どうすれば給料あがる?)を徹底調査していこうと思う。

ただし!1つ注意が必要なのは「収入は表面的な条件のみで判断しない」ということだ。
手当てが多く手取り給与が高くても、基本給が少ないため賞与は驚くほど低いということもある。
総支給額がとても良いと聞いて選んだ病院が、夜勤(当直)や残業ばかりで体がもたないというケースも少なくない。

あくまでも給料の差というのは、元々の基本給に加え、月間残業時間・夜勤回数・各種手当などの差により違ってくるという事実も理解してほしい。

【ICU・CCU】

24時間のシフト制。他の科よりも夜間に看護を行うことが多いため、食事手当や当直手当が支給されるケースが多い。
また夜勤手当が他の診療科よりも高く設定されていることがほとんどだ。通常夜勤手当は12,000円~15,000円であるのに対し、ICU、CCUは15,000円~20,000円。夜勤回数が増えると、他の科より高い収入を得ることができる。

【手術室】

手術室に勤務する看護師の平均年収は400万〜500万。手術の内容・看護師のスキル・オンコールの回数により大きく差が出る。
診療報酬が高い手術をよく行う病院の場合、給料が高い。夜勤や当直はないが、オンコール手当があるので病棟勤務の夜勤手当より高額を得られることも多い。脳神経外科や循環器科の手術室は緊急性が高い手術を多く扱うため、年収が高い傾向にある。

【ホスピス】

ホスピス(緩和ケア)の施設基準を満たしている病院が給料高め(基準を満たしていると診療報酬がプラスされるため)

【リハビリ科】

夜勤・当直数による手当の差が大きい。リハビリ専門の病院よりも脳神経外科や整形外科が法人内にある病院のほうが、収益面が安定するため高い給与水準を設けてあることが多い。

【人工透析科】

外来診療のみで夜勤・当直手当は発生しないため、手当で給料をあげるのは難しい。高水準の給与を設定してある病院を探すことが必須。
病床数が多い病院や大学病院よりも、人工透析専門のクリニックが高い給料設定をしていることが多い。

【脳神経外科】

緊急性が高い疾患が多いため、他の科よりも看護業務が多忙。そのため、残業手当による収入増が多く見込まれる。
救急看護のスキルと経験を積むことが年収アップへの近道となる。

【呼吸器科】

病院だと夜勤手当があるが、クリニックだと夜勤はなし。訪問看護だとオンコール手当があり、給与差は就業先により大きく違う。

【循環器科】

覚える業務内容が難しく多忙。そのため、他の科よりも基本の給料が高く設定されている。加えて夜勤や残業手当が多く収入として跳ね返ってくる。看護師としての技術と収入、両方を得たい志高い看護師が集まるケースが多い。

【精神科】

急性期看護・精神科の救急看護を行っている病院は給料が高い。ただし一般病院の精神科では他の科とさほど給与ベースは変わりない。
専門看護師の資格を取得したり、管理職に就くことで年収アップに繋げている男性看護師が多い。

【心療内科】

平均年収は300万~350万と他の診療科と比較すると少なく、年収以前に募集している病院があまりない。
年収アップのためには心療内科以外にさまざまな診療科がある大きな病院で勤務するか、ディサービスなどを併設している施設で基本給が安定しているところを探すことが必須。

【耳鼻科】

平均年収は350万~450万程度。手術や入院をする患者が少ないので、基本給が低めで手当などもほとんどない。
収入アップのためには、患者さんが多く残業や夜勤手当が見込める病院へ転職を。

【眼科】

手術件数が多い眼科は給料も高め。特に年収が高いのは、レーシック専門の眼科クリニックである。
その理由は、自由診療で1件あたりの手術費が高額であるため。

【胃腸科】

消化器科・内視鏡・緩和ケアなど多くの業務内容を習得できる胃腸科。
将来年収をアップさせるための土台を習得することができると人気の診療科だ。

【泌尿器科】

平均年収は350万~400万程度。人工透析を一緒に行っているクリニックでは基本給を高く設定される傾向が強い。

【整形外科】

手術を多く行っている病院で勤務することが年収アップの近道である。美容整形やスポーツ整形という分野もあり、将来的にも老若男女問わず患者さんを多く抱えやすい診療科である。
年収アップのためには、整形外科専門の病院でオペ・病棟・外来など幅広く経験し、収益が高いクリニックへ転職することが1番の近道である。

【内科】

平均年収は400万~500万。その差は、大学病院・クリニック・総合病院など就業先の母体の違いと思って良い。
年収が少ない場合の理由は「夜勤がない」「緊急時の対応が少なく残業がない」ということが主に挙げられている。

【外科】

他の診療科と比べ特別な手当がつくわけではないが、手術を多く行う科であるため元々の基本給が高く設定される。
平均年収450万~550万。夜勤手当がつくとさらに年収アップ!また、病棟以外での手術室経験や救急外来の経験があると、救急看護の知識を豊富に得ることができ好条件の病院へ転職しやすいという事実も。

【小児科】

大学病院や多くの科をもつ病院にある小児科の平均年収は450万程度。
小児科専門クリニックや個人病院では350万~400万が平均である。小児科は子供相手の医療なので成人と比べ、診察時間が3倍ほどかかる。
そのため、病院の収益性が悪くなり看護師へ還元される年収も少ないという事情があるのだ。

おすすめ記事のピックアップ

ページTOPへ