「現状の給与を確実にあげる方法」 男性看護師の皆さんへ教えます!

年収アップ大作戦の鍵

年収アップ大作戦の鍵

夜勤手当「手当ても積もれば山となる」

看護師の給料を手っ取り早く増やすに「夜勤手当」は絶対に欠かせない。
夜勤手当が基本給にプラスされてこそ、給与明細に花が咲くと言ってもよいほどだ。病院関係者以外からは、よく「1回の手当でそんなに貰えるのか!すごいな」なんて言われるが、世間の皆がぐっすりと眠っているときに、あくせく働いているのだ。実際「体力削って夜勤しているのだから、もっと手当の額をあげてほしい」という看護師の声も多く耳にする。

夜勤には準夜勤・深夜勤の2パターンあり、夜勤1回あたりの平均金額が準夜勤手当は5,000円程度、深夜勤手当は7,000円程度である。また、夜勤手当の回数には制限があり、2交代制では4回、3交代制では8回と決められている。体調面を考えての制限であるが、「夜勤のほうが向いているから制限なんていらない!」という方は、給料が高い夜勤専従で勤務するのも1つの手だ。

もし、もっと給料を~!と思っているなら、まずはどんどん夜勤に入れてもらってはどうだろう?

出世して給料アップ

ある男性看護師が言ったひとこと「家族の将来と年収の安定を掴むために・・俺は出世街道を進む!」

一般サラリーマンにも出世コースがあるように(もちろん仕事ができないと話にならないが)、看護師にも出世コースがあるのだ。
看護師の役職には、看護主任・看護師長・総看護師長がある。およその役職手当は病院規模や地域差もあるが、主任手当が2万~5万、看護師長手当は4万~8万、総看護市長は10万程度の役職手当が支給される。この額が給与に加算されるのは正直嬉しいところだろう。

また、一言で出世といっても役職に就くことだけが出世ではない。準看護師が正看護師を目指し、正看護師が専門看護師や認定看護師を目指す。そして資格を取得した部分は、「資格手当」「基本給アップ」という面で、必ず給料に跳ね返ってくるのだ。
万が一、スキルが上がったのに全く給料に変動がないという場合、思い切って直属の上司に給与アップの交渉してみてはどうだろう。

転職で高収入を狙え

上記で「夜勤手当」「資格」「昇格」と、年収アップのポイントを伝えてきたが、もう1つ。
働く職場を変えて年収をアップさせるという方法もある。個人病院・クリニック・総合病院・大学病院・施設・企業内など、勤務する職場によって、大きな給与差が出ているのは歴然だ。

経験を積み昇給しスキルを上げて資格手当・役職手当を貰っても、勤めている病院では「これが限界」の給与ラインに達したと判断したら、就業先を変えて年収をアップさせてはだろうだろうか。ただし、転職する際にはさまざまな方法があることを知っておこう。

そうすれば、どの方法で転職すれば一番良い年収にたどりつけるかが分かるはずだ。
①新聞・雑誌の求人欄で探す ②ハローワークで求人検索 ③知人から紹介してもらう ④看護師転職サイトを利用 ⑤直接自分で売り込み、とまぁ多くの方法があるのだ。自分に合った転職の方法で、ぜひ年収アップ大作戦の鍵を掴んでくれ!

おすすめ記事のピックアップ

ページTOPへ